コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

米国債券へ投資をするETF

f:id:kabusikihaitou:20170803224505j:plain

本当のお金持ちは債券だけの投資でも暮らしていけるインカムゲインが得られる
と、どこかで見た事があります。

(情報が不明確ですいません)

 

債券への投資は「分散」という観点から非常に有効です。株式と比較するとリスクが低いといえますが、資産を成長させるというより「守る投資」といえそうです。

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)

BNDは投資対象が債券ですので、安定したインカムゲイン狙いのETFとなります。

 

株式市場の暴落時等有事の際に保有しておけば金銭的にも、精神的にも安心を得ることができます。

 

とはいえ株式投資のように資産の成長を目標とするわけではありません。BNDへの投資は「資産を守る」という目的行うものと言えます。

 

資産を守る目的のETFだけあり、経費率は0.05%と低く抑えられています。またBNDの配当は毎月ですので配当狙いの方はチョットうれしいかもしれません。しかし配当利回りは2.4%位と高配当ではありません。

 

BNDの発行体別構成比率
(BND目論見書より引用)

f:id:kabusikihaitou:20170803223928p:plain


一部企業の債券もありますが6割以上が政府系の債券となっています。

 

このあたりは信頼性、安定性が担保されているといってよいでしょう。


格付別構成比率

f:id:kabusikihaitou:20170803224004p:plain

スポンサーリンク

 

先ほどの図と重なる部分がありますが6割以上が米国政府です。

少し意外なのがBaa格付けも15%の構成比がありますね。


最後にBNDの10年チャートです
(楽天証券より引用)

f:id:kabusikihaitou:20170803224112p:plain

リーマンショックではさすがに下落していますがそのあとは安定した価格推移となっています。

 

個人的にはこの安定感はとても魅力的ですが株式と比較すると「物足りない」と感じて
しまう所もあります。

 

私見ですがBNDへの投資はある程度の資産規模がある方には有効なリスクヘッジとなると考えます。

 

「BNDはリスクヘッジの為に投資してるんですよ」といえるようにがんばって資産規模を大きくしていこうと思います。

 

あ、今はBNDへ投資していませんよ。いまはまだ資産規模が小さいですからね・・・


応援お願いします

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ