コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

アマゾン、グーグル歩み寄る?

f:id:kabusikihaitou:20171216211315j:plain

クラウド、AIスピーカー等の分野で競合しているアマゾンとグーグル。

 

その競争の厳しさからアマゾンはグーグル製品を販売せずまたグーグルはアマゾンのFire TVへのユーチューブを2018年1月で打ち切るという対抗措置を発表していました。

 □両者の歩み寄りが見られる?

両者の戦いがどこまで続くかと思われていましたが先日よりアマゾンのサイトでグーグルのクロームキャストが販売されていました。

 

しかし、グーグルホーム等AIスピーカーはまだアマゾンで販売されておりません。

 

一方でFire TVへのユーチューブの配信に関するニュースはまだありません。

 

このままではFire TVでユーチューブを楽しむ事ができなくなってしまいます。


□ユーザービリティの犠牲は許されるのか?

働いている方と大半か痛感していると思いますが企業間の競争は本当に激しいです。

 

アマゾン、グーグル共に激しい競争を繰り広げているのは連日報道されていますが企業の競争を理由にユーザービリティを犠牲にするという姿勢はチョット頂けないなぁと思います。

 

Fire TVは既に数多くの台数が販売されており現在Fire TV経由でユーチューブを利用されている方も多いでしょう。

 

そのユーザーを無視したような企業間の競争は早期収束を願うしかありません。

 

個人的にはアマゾンのサイバーマンデーも終わった事ですしアマゾンにはグーグルの商品を扱っていただきグーグルにはFire TVにユーチューブを配信して頂きたいですね。

 

両者はもはや「巨人」といわれるほどの企業ですのでお互い横綱相撲のように余裕を持った対応をして欲しいですね。

 

あ、今は横綱はいろいろ問題を抱えているようですが・・・

応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ