コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

楽天スーパーポイントで投資信託を買ってみました。

f:id:kabusikihaitou:20170810170650j:plain

遂に楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるようになりました。

 

それ程多くのポイントは保有しておりませんが楽天カード、楽天モバイルを利用している私としてはとても嬉しいです。

 

楽天スーパーポイントで投資信託が買えるようになるという事はますます楽天経済圏へはまっていく事になりそうです。

 楽天スーパーポイントで購入できる商品は?

楽天スーパーポイントでは残念ながら米国株や海外ETFを購入することができません

 

国内の投資信託の知識がほとんど無い私は楽天証券のホームページ内の「楽天証券ファンドアワード」で個人投資家に選ばれている投資信託を購入することにしました。

 

楽天証券ファンドアワードは数ある投資信託の中から個人投資家の投票により最優秀8ファンドを決定するものです。

 

ノミネートされている投資信託の種類も
・国内株式部門
・海外株式部門
・国内債券部門
・海外債券部門
・国内不動産(リート)部門
・海外不動産(リート)部門
・バランス(可変配分)部門
・バランス(固定配分)部門

とお好みに部門から選択することができます。

 

私は海外株式部門1位にノミネートされていたニッセイ外国株式インデックスファンド

を購入することにしました。

f:id:kabusikihaitou:20170914225805p:plain

※画像は楽天証券ホームページより引用

ちゃんとポイント利用と明記されていますね

こちらの投資信託は日本を除く先進国へ広く分散投資ができるという
ものです。

ただ、国・地域別組み入れ比率を見てみると64.9%がアメリカとなっています。

f:id:kabusikihaitou:20170914225311p:plain

※ニッセイ外国株式インデックスファンド目論見書より画像引用

 

どれだけアメリカに優良な企業が多いかという事が見て取れますね


組み入れ上位銘柄を確認すると
1位 アップル
2位 マイクロソフト
3位 アマゾンドットコム
4位 フェイスブック

と上位4位はアメリカのIT企業という事がわかります。

やはりアメリカ企業は強いですね

f:id:kabusikihaitou:20170914225458p:plain

※ニッセイ外国株式インデックスファンド目論見書より画像引用

スポンサーリンク

 


楽天スーパーポイントでの投資は小額投資になりますので、投資としてはメインにはなりえませんが国内で購入できる投資信託に目を向けてみる良い機会になると感じました。

ただ、国内の信託報酬は海外ETFと比較するとまだまだ高いと感じます。

 

ニッセイ外国株式インデックスファンドは信託報酬が0.216%と国内の投資信託の中ではかなり良心的ですが日本で桃人気のバンガードのETF、VT(トータル・ワールド・ストック)は経費率が0.11%ですのでニッセイ外国株式インデックスファンドと比較すると半分以下となります。

 

楽天スーパーポイントの価値があがった!

投資信託を購入することができるようになった楽天スーパーポイント

 

楽天スーパーポイントの価値は私の中でかなり上がっております。

 

これからのせっせとポイントを貯めてちょこちょこ投資信託を買い増ししたいと
思います

 

また、投資と関係ないですが楽天がNBAの強豪チームゴールデンステイトウォリアーズとスポンサー契約しましたね!

 

いちNBAファンとしてはとても嬉しいことですね日本でカリーやデュラント、トンプソン等スター選手のプレイが見れる日が来るかもしれません

 

実はこちらの方がとっても楽しみだったりします

楽天さん、がんばってください!


応援お願いします

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ