コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

楽天がアマゾンに敗北宣言したらしいです

f:id:kabusikihaitou:20180105200635j:plain

先日の記事でIBMの株価が(めずらしく)上昇した事をご案内させて頂きました。

 

そして本日(5日)もIBMの株価は好調に推移しております。
前日比2.02%上昇し現在161.7ドルになりました。

 

今までのパターンだと決算直前まで株価を上げて決算後失望売りとなっております。

さてさてどうなることやら

 □国内EC楽天が遂にアマゾンに抜かれる

国内のECではアマゾンに楽天がシェアで抜かれました。
EC以外の事業は好調ですが、楽天は今後ビックデータを活用した広告事業に力をいれるそうです。

 

>>楽天、アマゾンに「敗北宣言」…ポイントをためる意味消失か

 

この内容記事の内容から楽天はECでアマゾンに負けを認め楽天スーパーポイントを貯める意味がなくなってしまうのではないか?という事でした。

 

楽天が今後EC事業を縮小していくようなら確かに楽天スーパーポイントの魅力は低下していくかもしれません。

 

実際三木谷社長は「楽天スーパーポイントの81%は楽天市場で使用されている」と語っていました。

 

楽天市場がアマゾンにより魅力が薄れていけば楽天スーパーポイントを貯める意味が無くなってしまうという懸念もうなずけます。


□楽天スーパーポイントは「通貨」へ近づく

しかし、一方で楽天スーパーポイントについては「ポイントで囲い込む戦略は古い」とも発言されています。


また「楽天スーパーポイントはどんどん通貨に近づいている」とも語っていますのでポイントを貯める意味がなくなるという解説は少し総計な感じもします。

 

私の場合ですが楽天スーパーポイントの主な利用方法として
・楽天モバイルの料金
・楽天証券を利用した投資信託の買い付け

を行っています。

 

楽天モバイルは月額700ポイントを支払いに当てています。
年間ですと700×12=8400ポイント

 

私の利用方法だと楽天モバイルの使用料金、3ヶ月分以上をポイントで支払っている
計算になりますので非常にお得といえますね。

 

しかも、楽天モバイルなら駄期間限定の楽天スーパーポイントも支払いに当てる事ができますので無駄なくポイントを支払いに当てることができます。


また、楽天証券で投資信託を購入できるというのは本当にありがたいです。

 

以下の画像は私が保有している投資信託ですが全て楽天スーパーポイントのみで購入しています。

f:id:kabusikihaitou:20180105200112p:plain

スポンサーリンク

 

投資信託は現在実験的に購入をしていますが成績が良いようならポイントだけではなく
現金を投入しても良いかなと考えています。


□楽天はどこへ向かうのか?

楽天スーパーポイントは私にとって現在はとても魅力的なサービスです。

 

アマゾンの品揃えももちろん魅力的ですが最近プライム会員以外値引きが抑えられている感じがします。

 

直近の業績は好調でしたが、今後不透明な部分が多く株価は現在低迷しています。

 

楽天は今後厳しい環境陥ってしまうかもしれませんががんばって今以上のサービスを提供して欲しいと思います。

 

個人的に凄く節約や資産形成に助かってますので!

 

応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ