コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

タバコ銘柄、上昇の兆し無し…

f:id:kabusikihaitou:20170316183341j:plain

みなさん、こんにちは

 

高配当銘柄として人気の高いタバコ銘柄海外株ならフィリップモリス(PM)やブリテッシュアメリカンタバコ(BTI)アルトリアグループ(MO)。
日本株なら日本たばこ産業(JT)等、保有されている方も多いのではないでしょうか?

 

私もBTIとMOを保有しています。

 

ただ、タバコ業界は紙巻きタバコの縮小とそれに代わる需要と期待されている加熱式タバコの売り上げが想像以上伸びておらず厳しい環境に置かれています。

 

特に喫煙率は年々低下しておりマーケットそのものが縮小しています。

 □日本の喫煙率も年々低下

スポンサーリンク

?

私も以前はタバコを吸っていたことがありますが今では完全な非喫煙者です。

 

タバコ辞めた理由はストレス解消の為に吸っているタバコそのものがストレスになってしまっているからでした。

 

タバコを辞めた事により「吸えない」というストレスから解放されました。タバコは辞めてよかったと思います。

 

また、日本の喫煙率も年々低下をしており厚生労働省の発表によると2017年11月、喫煙率は遂に3割を切り男女合わせて29.4%になったそうです。

 

タバコを吸うイコールかっこいいというイメージはもはや遺産といえる状態で、現在はタバコを吸うイコール肩身が狭い思いをするといったところでしょうか?

 

□JTの株価も厳しい

先日JTの株価が3000円を切ってしまいました。

 

個人的にJTの株価は3000円を切る事は無いだろうと(3000円を割ってもスグ戻す)考えていたので、株価の下落スピードはなかなか衝撃的です。

f:id:kabusikihaitou:20180912224206p:plain

 ※画像は楽天証券より引用

 

株価の下落によりJTの配当利回りは5%を超えていますが現在の考えると投資を行うのはチョット厳しいかもしれません。

 

また、フィリップモリスも最近またまた株価が下落基調にあり、配当利回りは5.8%となっています。

 

タバコ銘柄で株価が比較的安定しているのは先日サプライズで増配を発表したアルトリアグループ(MO)と英国のインペリア・ブランズ(IMB)位でしょうか

 

ちなみにロイターによると加熱式タバコで優位なのはインペリア・ブランズとBTIとの事です。

 

JTについては長期的な革新につながる足元の材料が乏しいとの見方があり、しばらく株価は低迷するかもしれないです。

 

 今年に入りBTIを購入しました。購入時より株価下落中…。BTIはグローが伸びてくると予想していますのでこれからの巻き返しに期待したいですね。

www.kabusikihaitou.com

 

アルトリアグループ(MO)は安定の増配が魅力です。株価もそれほど棄損していないですね。
www.kabusikihaitou.com

 

応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ