コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

楽天証券、攻めてますね~

f:id:kabusikihaitou:20170810170650j:plain

先日の記事で、楽天について触れました。


今回は楽天グループの一つであり私もメインネット証券として利用している
楽天証券のニュースを取り上げたいと思います。

 

ここ最近、楽天の動きが異様に早いように感じます。
(ユーザーにとってはどんどん使い勝手が良くなっている)

 

今回のニュースも楽天証券ユーザーにとってはグッドニュースといえるでしょう。

 □iシェアーズETF,売買手数料0円

スポンサーリンク

?

楽天証券は6月6日より、ブラックロック・グループが運用するETFの売買手数料を0円にします。

 

これは非常にうれしいニュースですが、注意点があります。

それは売買手数料0円となるのは東京証券取引所に上場しているETFです。ですのでブラックロックが提供しているETFの中で人気のあるIVV(iシェアーズ・コア&P500ETF)
等は対象外となります。

 

売買手数料0円対象となるETFは以下の15銘柄となります。


□国内株式
・iシェアーズ日経225(1329)
・iシェアーズJPX400(1364)
・iシェアーズTOPIXETF(1475)
・iシェアーズMSCI日本株最小分散ETF(1477)
・iシェアーズMSCIジャパン高配当利回りETF(1478)
・iシェアーズJPX/S&P設備・人災投資ETF(1483)

 

□国内リート
・iシェアーズJリートETF(1476)

 

□海外株式
・iシェアーズS&P500米国株ETF(1655)
・iシェアーズコア・MSCI先進国株(除く日本)ETF(1657)
・iシェアーズコア・新興国株ETF(1658)

 

□海外債券
・iシェアーズ米国債7-10年ETF(為替ヘッジあり)(1482)
・iシェアーズ米ドル建て投資適格社債ETF(為替ヘッジあり)(1496)
・iシェアーズ米ドル建てハイイールド社債ETF(為替ヘッジあり)(1497)
・iシェアーズコア・米国債7-10年ETF(1656)

 

□海外リート
・iシェアーズ米国リートETF(1659)

※かっこの数字は銘柄コードです。

 

□売買単位は1株(1口)

iシェアーズETFの特徴は売買単位が1口と小額から投資を行うことができます。

 

従来では手数料負けしてしまいますので、1口のみ投資はなかなか行うことが難しい状況でした。

しかし手数料0円となることにより
・コツコツと買います事ができる
・小額から投資を行うことができる(初めての方でも投資体験が容易にできる)

等メリットがあります。

 

私は今までiシェアーズETFへ投資を行った事がありませんが売買手数料が0円になる事により選択肢に加えるのもアリだと考えます。

 

個人的には、iシェアーズS&P500米国株ETF(1655)あたりを研究してみようかなぁと思います。

 

応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ