コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

子供を育てるというリアル

f:id:kabusikihaitou:20180202213059j:plain

先日記事にさせて頂いたDINKSというライフスタイル。
子供がいない時期というのは夫婦共に自由です。
更に2箇所からの給与所得がありますので比較的金銭的に余裕があるライフスタイル(時期)ともいえます。

 

昨日、子育てでがんばっている友人のリアルに苦労しているお話を伺うことができました。

私も子供が1人いますが、もっと子供が欲しいと考えております。

が、子供を育てるという事はお金・時間共に非常にシビアなマネジメントが必要等ことを思い知らされる内容でした。

 □友人の属性は

友人との話内容は少しボカさせて頂きます。

まずは友人の属性ですが
・ある有名企業の管理職(年収はかなり良い)
・子供2人 中学生2人
・実家暮らし


上記のように友人は有名企業で働いています。
さぞ余裕のある暮らしをしているかと思えばそんな事はありませんでした。


友人曰く子供2人共に塾と部活(スポーツ)を行っているそうです。
その塾と部活でかかるお金が思いに他かかるそうです。

 

スポーツに関しては、必要な道具をスポーツショップで買い物をすると万単位のお金がかかるそうです。

 

しかも道具のメンナンス費用もかかるそうでこれがなかなかの負担との事。

塾は通っている割には友人が期待するほど子供(2人共)学力が上がっていないそうです。

 

費用対効果だけを考えれば塾は辞めさせてもよいかなと考えているようですが、子供は辞めたくないとの事。

 

どうやら塾は子供たちのコミュニケーションの場になっているらしく、学力が期待ほど上がらない塾にお金をかけて良いものかと悩んでおりました。

スポンサーリンク

 


□必要なマネジメントはお金だけにあらず

更に友人が苦労しているのは子供たちを塾や部活へ送り迎えするための時間だそうです。


実家暮らしの為、友人が働いている日は祖父が普段塾などの送り迎えをしています。
その為友人が休日の日は子供達の送り迎えを断る事ができないそうです。

 

管理職として毎日忙しく働き、休日は子供達の為に時間を費やすという毎日。

外からみると良きイクメンですが友人が私に見せた表情は本当に疲れきっていました。

 

父親だからこれ位当たり前とお考えの方もいるかと思いますが、友人の表情を見ると本当に大変だと感じてしまいました。

 

□余裕をもてる計画を立てる

子供を育てる大変さ、そのリアルな話を聞けて本当に良かったと思います。友人には感謝です。

 

ちなみに友人は私より投資・お金に対しての知識があります。おそらく私よりはるかに多い利益を出しているでしょう。

 

そんな友人でも子供を育てるとなると金銭的な余裕がほぼ無いそうです。

 

私の子供はまだ小さいですが、これからかかるお金・時間を洗い出し将来余裕のあるライフスタイルを送れるようになりたいですね。

 

その為に今は給与所得以外の収入を拡大する事に注力したいと思います。

応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ