コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

個別株・ETFの比率を考えてみました

f:id:kabusikihaitou:20171212195525j:plain

今年も残すところ残りわずかとなりました。


今年は日本株・米国株共に株式市場が好調に推移しましたので、資産を増やされた方が
多いのではないでしょうか?

 

私もわずかながら資産を増やす事ができましたが自分が狙っていたような結果を得る事ができませんでした。

 □原因はズバリ過信

自分の投資成績がイマイチだった理由はハッキリいって自分自身の過信です。自分なりに銘柄の分析を行いストーリをシミュレーションしましたが、結果は思うようなものではありませんでした。

 

色々は書籍で「ほとんどの投資家がインデックスファンドに適わない」と書かれている事を身をもって経験してしまいました。

 

現在、私のアメリカ株の個別株・ETFの比率は
・個別株・・・約85%
・ETF・・・・・・約15%

となっております。

 

個別株の中では非常に良い成績を収めた銘柄と残念ながらダメダメな成績の銘柄があり、結果として投資成績を押し下げてしまいました。

 

□株式投資の未来の推奨比率は

アメリカ株長期投資化のバイブルとなっている「株式投資の未来」では、保有銘柄の推奨比率を以下のように紹介しております。

 

□ワールドインデックス
・米国株・・・・・30%
・日米国株・・・20%

→インデックス・ファンドで合計50%


□リターン補完戦略
・高配当戦略
・グローバル戦略
・セクター戦略
・バリュー戦略

→リターン補完銘柄で合計50%
(リターン補完戦略の詳細は株式投資の未来を読んでみて下さいね)

 

結果
インデックス・ファンドで50%
個別銘柄(REIT,セクター別ETF含む)で50%

となります。

この比率はどの位リスクを許容できるか?で変化します。

 

この戦略を私自身に落とし込むと、まずはインデックス・ファンド(それに近しい動きをするもの)に50%に比率を高めるべきかなと考えます。

 

という事で、来年はインデックス・ファンドを中心に投資を行っていこうと思います。

具体的には皆様に人気のあるETF VTI,VT,VYM辺りになるのかなぁ

スポンサーリンク

 

□個別銘柄の誘惑に負けない!

自身の投資を振り返ってみるとことごとく個別銘柄の誘惑に負けてしまい、結果ポートフォリオが「何を目指しているかわからない」ほどグチャグチャになってしまっていました。

 

「いまさらかよ!」とツッコミが入りそうですが来年こそ個別株の誘惑に負けないよう投資を行っていきます。

 

コツコツとね

 

応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ