コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

格安SIMへ乗り換えよう!

f:id:kabusikihaitou:20171029114820j:plain

当ブログでは、投資の記事以外にも節約に対しての記事もちょくちょく書いています。

中でも一度の変更で効果が続く携帯電話の契約変更は本当におすすめです。


過去記事で何度か楽天モバイルに関する記事を書かせて頂きました。

そこで、今更ですが格安SIMへの乗り換えの簡単な手順と大手キャリアへの疑問を書かせて頂こうと思います。

MNPについて

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)とは、携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度です。

※ソフトバンクホームページより引用

 

 MNPの手順と窓口

 

楽天モバイルに限らず、現在利用しているキャリアから電話番号を持ち出して契約を移行する手順は以下となります。

①現在契約中のキャリアへ連絡しMNP予約番号を取得

②新しい携帯キャリアへ申し込み

となります。


大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のMNP予約番号の窓口は以下となります。


□ドコモ
携帯番号からは 151
一般電話からは 0120-800-000

□au
携帯電話、一般電話共に 0077-75470

□ソフトバンク
携帯電話、一般電話共に 0800-100-5533

 

※昨日auのMNP窓口へ電話をした所つながるまで10分程度かかりました。MNP予約番号を取得する場合お時間に余裕を持って行いましょう。


大手キャリアの販促に疑問

大手キャリアを使用している方には格安SIMへの変更を強く勧めています。

 

その理由は大手キャリアはまだまだ高いという事ですね。大手キャリアは設備投資で多額のお金がかかりますがそれ以上に宣伝広告費にかなりのお金をかけています。
(大手キャリアのコマーシャル、見ない日はないですよね?)

 

特に最近では○太郎の日や○UPER FLYDAYと銘打った大手キャリアの「特典」では
ドーナツやアイスクリームが貰えます・・・

 

これってかなりおかしな特典だとおもいませんか?

 

ドーナツやアイスクリームのプレゼントってユーザーが頂ける特典としてわずか数百円ですよね?


私としては特典分の料金を月額料金から値下げして頂いた方が嬉しいです

 

しかも特典を貰うため、ドーナツ店は大行列です。

並んでいる時間、もったいないと思うのは私だけでしょうか?

 

私の感覚としては「ユーザーを馬鹿にした販促費」を使用し続けている3大キャリアとはしばらく距離を置こうと思います。

スポンサーリンク

 


格安SIMの普及率は?

そうはいっても格安SIM使っている人は少ないのではと感じている方も思います。

MM総研によると、格安SIMをメインで利用されている方は8.5%(昨年10月は5.8%)との事です。

 

Yモバイルを含むと12.4%にりますので10人に1人以上は格安SIMをメインで利用している事になります。

 

画像はMM総研より

f:id:kabusikihaitou:20171029114612p:plain

 


まだ普及途上ではありますが、格安SIMをメインで使用する方は確実に増えています。

毎月の通信費を少しでも抑えたいという方は格安SIMへの乗り換えを強くお勧めいたします。

 

次回は両親の通信費がどの位下がったのか?を記事にしたいと思います。


応援お願いします。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ