コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

約定後の株価は気にしない、気にしない

久しぶりに昨日株式の売却が約定できました。その後どんどん株価は上昇中。

本日は自社株がまたまた上昇し年初来高値に迫ろうかとする勢いです

 約定後の株価は追わない

 

株式の売買で良くある事ですが、買った株はその後下がる売却した株はその後上がるという事は良くあることではないでしょうか?(いや、もしかしたら私だけかも。今回の売却でも私の市場に対する理解の無さが判明してしまいました)

 

株式のタイミングは誰にもわからない

株式売買の最良のタイミングは誰にもわかりません。もしわかれば株式投資を行っている方は全員裕福になれるはずですからねしかし、時間軸を長期でとれば特にアメリカ株はリスクを減らすことができます。


株式リターンの平均回帰性

私が度々引用されて頂いている本、株式投資の未来では株式のリスクを以下のように説明されています。

 

株式は保有期間が短いとき、あきらかに債券より高いリスクを
伴うが保有期間が長くなり15年から20年になると、株式のリスクは
債権のリスクを下回るようになる。

 

株式は日々の変動幅は大きいですが、アメリカ株は歴史的に株価は上昇し続けています。平均回帰性とは短期的に見ればきわめて変動性が高いものの長期的に見ればずっと安定性が高くなる事をいいます。


この事から、自身で決めた購入(売却)価格から数%の範囲で約定することができれば
長期的それほど影響がないと思われます(取引額にもよりますが)

 

と、いうことで今回の売却タイミングは株式リターンの平均回帰性の範囲内である
自分に言い聞かせているのであります。

いや、ほんとはもっと高く売却したかったんですけどね…

 

応援お願いします

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ