コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

日本メーカー、日本株式そして株式優待

f:id:kabusikihaitou:20170313203543j:plain

先日の記事でパソコンがクラッシュした事をご紹介しました。その後、今物流のニュースが話題になっており若干の罪悪感を感じながらインターネットで内蔵SSDを注文し無事SSDの交換が完了したのですが…

 なぜか一つ一つの動作が遅くなっている(1文字入力するのにやたらと時間がかかる)
しかも日本語入力ができない状態です。文字を打つスピードが遅くなるのはインターネットを行っている時だけ現れる症状でした。ブラウザもインターネットエクスプローラー、エッジ、クローム、ファイアーフォックスを試しましたが上記ブラウザ全て症状が発生しました。

 

パソコンを立ち上げるスピートやインターネットの閲覧には問題がありませんので、ードウェアではなくWINDOWS側に問題があるのかとなと。私が使用しているパソコンはWINDOWS7がプリインストールされているパソコンです。

使用していたSSDはトラブルが起こる前WINDOWSを10にアップデートしており、WINDOWS10の環境でも問題なく使用できておりましたしかし、新しいSSDに買えてWINDOWS10にアップデートを行うと何故か文字入力が遅くなってしまうのです。

 

WINDOWS7の環境では問題なく文字入力ができますのでWINDOWS10へのアップデートをしかけらば良いのかと5年以上経過したパソコンは買い換えましょう!

 

以前のSSDでWINDOWS10が通常に使用することができていましたのでWINDOWS10で文字入力のトラブルが出たのは「たまたまだ」と感じてしまい、結局2回程リカバリ→WINDOWS10へのアップデート作業を行いました。

 

リカバリやアップデートを行ったことがある方はご存知かと思いますが、とても時間がかかる作業になります。正直ここまで時間がかかるならパソコンを新調しても良かったかなと感じました。

 

貴重な時間を無駄無駄にしてしまい、ブログ更新も少しの間滞ってしまいました。今ではパソコンもかなり安くなり、自身のパソコン使用の目的がハッキリしていれば無駄な機能を搭載していないパソコンを選ぶことができます。

 

※私見ですが、日本メーカーのパソコンはユーザーがあまり使用しない機能を詰め込みすぎて使いづらいパソコンが多いように感じます。しかもいらない機能のおかげで価格が高い…

 

そんな私も実は日本メーカーのパソコンを使用していますが次に購入する場合シンプルな海外メーカーのパソコンを購入使用と思います。

 

無理やり日本株とアメリカ株につなげてみる。

 

このパソコンを無理やり株式に当てはめてみました(本当に無理やりです、すいません)

 

日本株の場合、株主の特典(権利)のひとつとして株主優待があります。株主優待は商品券や、Quoカード、割引権等その企業のサービスを利用する方にとって魅力的なサービスであります。

一方アメリカ株では株主優待制度はほとんどありませんアメリカの経営者は株主に「株価の向上と配当増加」を重視しているからです。

 

また、日本の株主優待制度は配当より簡単に改悪したり廃止を行う企業が多いという事もあります。

 

株主優待は株主にとって魅力的なサービスである一方「使用しない余計な機能」の場合もありますので、株主優待は投資を行う場合あまり重視しない方が良いでしょう。

 

あ、私は保有している日本株式の株主優待はありがたく使用させて頂いています。自身のライフスタイルに合った株主優待が魅力的なのは否定しませんよー。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ