コツコツと行こう!アメリカ株式投資

アメリカ株式への投資、配当再投資戦略でだれでもできる資産形成

スポンサーリンク

アメリカ株

ウェイスト・マネジメント(WM)は廃棄物処理会社

昨日の記事で、ちょっとだけ触れさせて頂いたウェイスト・マネジメント(WM) 調べてみるとなかなか食指を動かされるすばらしい企業という事がわかりました。

日本国内でWatsonが活躍中

業績が苦戦しているIBMですが、日本市場ではWatsonは好調に推移しているようです。

アルトリアグループ増配♪

ここ最近、私が投資している持ち株の株価が冴えません。 米食品医薬品局がたばこのニコチン含有量の規制によるアルトリアグループ株の急落や アマゾン・エフェクトによるゼネラルミルズ株下落などです。

アマゾン包囲網なるか?

世界最大の小売業ウォルマートは取引先にアマゾンが提供しているクラウドサービスAWSの使用を止めなければ取引を停止するとして話題になりました。 そして今回ウォルマートはアマゾンに対抗する新たな一歩を踏み出しました.。

IBMに久しぶりにワクワクするニュース!?

スポンサーリンク // 長期間業績の低迷が続いているIBMIBMに見切りをつけて株を売却してしまった方も多いのではないでしょうか? そんな現在ダメダメなIBMに久しぶりにワクワクするニュースが飛び出しました。

買い増しを行ったゼネラルミルズから配当金♪

今年の4月にゼネラルミルズを買い増ししました。昨日そのゼネラルミルズより配当金を頂きました。 いつもは翌月にまとめて配当金報告を行うのですが買い増しをした銘柄から頂いた配当金でテンションが上がってしまいましたので報告します。

キンダーモルガン株価回復?

昨日キンダーモルガンの株価が8%もの上昇がありました。 過去に配当金74%もの大幅減配を行った同社ですが本格反転となるのでしょうか

IBM第2四半期決算発表、そして株価急落

減収がとまらないIBM。「今度こそは」と願いながら決算発表をご覧になった投資家も多いのではないでしょうか? そんな願いも虚しく、IBMの決算発表はある意味平常運転となりました。

2017年上半期配当まとめ

2017年、7月に入り暑い日が続いています。更に災害が立て続けに起こっております。 熱中症などへの備えはもちろんですが災害の意識を高めていかなければいけませんね。 そんな事を思いつつ、2017年6月までにアメリカ株から頂いた配当金をまとめてみました。

BPに興味津々

私のアメリカ株投資のバイブル「株式投資の未来」この本の中で未来に向けた戦略として石油のセクターが紹介されておりました。

6月の配当金、5万円突破!

私はごくごく普通のサラリーマンです。そんなサラリーマンが給与以外から得られる収入があるというのは本当にありがたいと感じます。 6月はアメリカ株以外に自社株からも配当金けますのでテンションが上がる月でもあります。

ゼネラルミルズ決算はまずまず?

私が追加投資を行った後もずるずると株価を下げているゼネラルミルズ しかし、6月28日の決算内容はアナリストの予想を上回るまずまずの内容となりました。

サザン(SO)を新規購入しました

タイトルでネタバレしてしまいましたがゼネラルミルズ(GIS)の追加投資に続きサザン(SO)を新規購入しておりました。

引越し、なんとか完了そして追加投資

いやー、思っていた以上に引っ越しが大変でした。ブログ復帰が想像していた以上にかかってしまいました。

IBM増配しましたね!

先日IBMの株主総会日程をチェックしていたのですが忙しさにかまけて、内容をチェックするのを忘れてしまっていました。 復習の意味を込めて、IBMの発表内容を確認させて頂きます

2017年4月の配当金

2017年4月もあっという間に終わりに近づいてまいりました。 そんな中、私が保有しているアメリカ株からの配当金が出揃いましたので報告いたします。

ベライゾン(VZ)はアメリカの大手通信会社

ベライゾン(VZ)は日本では聞きなれない会社かもしれませんが、アメリカでは1億人以上の利用者がいるベライゾン・ワイヤレスを傘下に持つ大手通信会社です。 ベライゾン・ワイヤレスはイメージとしては日本ではNTTドコモといったところでしょうか?

4月25日、IBMの株価はどう動く?

IBMの年次株主総会が近づいてまいりました。 19四半期連続と長期にわたり減収をつづけているしかし前回の決算(2016年第4四半期決算)では減収は続いているも売上高、EPS共にアナリストの予想を上回っています。 4月25日の年次株主総会ではグットニュースや…

ゼネラルミルズは落ちてくるナイフか?

アメリカ株の中でも、特に株価が安定していると言われている食品セクター。 どれだけお金持ちになっても「食」がなくなることはありませんので、このセクターが安定しているのもうなずけますね。また世界的に「中間層」が増大していますので食品セクターのビ…

プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)長期投資の王道銘柄

「暮らし感じる、変えていく」のキャッチフレーズでおなじみのP&Gプロクター・アンド・ギャンプルの略ですが日本ではP&G(ピーアンドジー)の名称のでご存知の方が多いでしょう

ウォルマート・ストアーズ(WMT),世界最大の小売チェーン

競争が激しい小売業界。他の業種と比較すると参入障壁が低いのがその理由です。 そんな競争が激しい小売業で世界最大の売上高を誇るのがウォルマート・ストアーズ(WMT)です

2017年3月の配当金

株式投資の醍醐味のひとつは「安く買って高く売る」という売却益=キャピタルゲインですが長期投資の場合、投資先が安定した経営を行っている限り安定した収入が見込める配当金=インカムゲインがあります。

マコーミック(MKC)はスパイスのリーテディングカンパニー

昨日に続きまたまた食品セクター銘柄の記事となります本日ご紹介するのはマコーミック(MKC)という企業です。

朝食のシリアルはケロッグ(K)ですか?

いつの間にかアメリカ株食品セクターシリーズになってしまいました。今回は日本でも知名度が高いケロッグ(K)をご紹介させて頂きます。

キャンベルスープ(CPB)は世界最大の缶スープメーカー

アメリカ株の中でも生活必需品セクターは長期投資を行う方に人気があります。コカ・コーラ(KO)やフィリップモリス(PM)等卓越・安定したリターンを投資家にもたらしているからです。

ゼネラルミルズ(GIS)の株価が下がってきてます

アメリカ株が全体的に好調な中私の持ち株の一つゼネラルミルズ(GIS)の株価が下がっております。

永遠の不発弾IBMの魅力

IBMといえば誰もが知るIT業界の巨人です数年前まではThink Padブランドでコンシュマー向けのパソコンを日本でも販売していました。 そんなIBMが投資の世界で注目を浴びるようになったのはあのバフェット氏がIBMへ投資を行っているのが明らかになったからでし…

アルトリアグループは長期投資におすすめ

アメリカ株を長期保有するならば、どんな銘柄がおすすめになるのでしょうか? 毎日の用にニュースになっているアマゾンやグーグル等の銘柄がすぐに思いつく方が多いと思います。

保有アメリカ株の内訳

アメリカ株・ETFへの投資をメインに考え、実行していますがまだまだアメリカ株へのウエイトはあまり多くはありません。 アメリカ株ウエイトはこれから増やして行くつもりですが、現在私が保有しているアメリカ株・ETFをご紹介いたします

アメリカ株への投資と配当

日本株からアメリカ株へ大きくシフトをした大きな要因は配当の成長(増配)と配当回数にあります 日本株投資の場合どちらかというと値上がり益キャピタルゲイン重視の投資を行っていました

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ ブログランキング・にほんブログ村へ